【スイス・インターラーケン国際春期講習会】
1960年から毎年スイスで開催されている歴史のあるインターラーケン国際春期講習会は、毎回めったに受けられない巨匠のレッスンが受けられる事で知られています。
2016年の講習会では、ヴァイオリンのザハール・ブロン教授、チェロのダーヴィド・ゲリンガス教授、トランペットのラインホルト・フリードリヒ教授らが、それぞれのマスタークラスを開講します。
レッスンは、期間中に一般的に3回受ける事が可能です。
春休みなどを利用して、スイスで世界最高レベルのレッスンを受けてみませんか?