【ウィーン交響楽団首席クラリネット奏者のレッスンです♪】
ウィーン交響楽団首席で、ウィーンコンセルヴァトリウム私立音大音教授でもある、ラインハルド・ヴィーザー氏は、19歳でウィーン交響楽団の首席クラリネット奏者となり、ソリストとしても国際的な評価を受けています。アンサンブルの活動も精力的に行っており、ヨーロッパツアーやCD録音に積極的に取り組まれています。木管楽器を対象としたコンクールの、常連審査員としても知られており、レッスンでは、ドイツ・ベルリン流の指導メソッドを基本に、最新の指導テクニックを指導して下さいます。