• アンドビジョン・オフィシャルブログ

    音楽留学・ダンス留学・演劇留学のブログ

    音楽・ダンス・演劇留学

    実現するならアンドビジョン

  • アンドビジョン・オフィシャルブログ

    音楽留学・バレエ留学・演劇留学のブログ

    日本で体験

    海外教授による公開レッスン

  • アンドビジョン・オフィシャルブログ

    音楽留学・ダンス留学・演劇留学のブログ

    短期留学

    自分の方向を短期留学で見定める

  • アンドビジョン・オフィシャルブログ

    音楽留学・バレエ留学・演劇留学のブログ

    語学の勉強も

    国内から海外までアンドビジョンで

  • アンドビジョン・オフィシャルブログ

    音楽留学・ダンス留学・演劇留学のブログ

    キャリアの第一歩

    コンクールで世界に挑む

  • アンドビジョン・オフィシャルブログ

    音楽留学・バレエ留学・演劇留学のブログ

    本気で上達したいなら。

    まずはアンドビジョンに資料請求

印刷

ウィーン音楽冬期講習バイオリンが追加!

作者: 池田. Posted in アンドビジョン.

本当にお勧めのウィーン音楽冬期講習http://www.andvision.net/winterwien/ 実はバイオリンが追加されました!そしてその先生は、なんと..........ゲラルド・シューベルト教授! 現役のウィーンフィルハーモニー団員であると同時に、なんとウィーン国立音大演奏科教授でもあられます。お人柄もとても温かい方で す。ウィーンフィルの新年コンサートは、コンサートマスターからメンバーまで、一年おきに交代で行われており、シューベルト教授は今年(2008年)担当したため、来年はお休みなのだそうで、そのお陰で今年は、お時間をいただけることになっております。 簡単な履歴です! ---------------- ウィーンに生まれた彼は、ウィーリ・ボスコフスキとヴァサ プシホーダらに学んだ父親から初めのヴァイオリンの手ほどきを受け、ウィーンアカデミー(現ウィーン国立音大)においてヨセフ シーヴォ、アルフレッド スタール教授らに学んだ。ギドン・クレーメル主催による音楽祭「ロッケンハウスシュトリングス」において、コンサートマスターを務め、室内楽においても、国内外に置いて活躍をする。 オーケストラ奏者としての経験は、すでにウィーンギムナジウム(高校)時代から始まり、ジュネスオーケストラのメンバーとしても若くしてバーンスタインなどの著名な指揮者の下で、ヨーロッパ各地とカナダでコンサートを行った。 プロのオーケストラ奏者としては、1979年よりウィーン国立歌劇場オーケストラのメンバーとなり、1982年よりウィーンフィルハーモニカーのメンバーとなる。 ヴァイオリン指導者としては、1983年よりシーヴォ教授のアシスタントとしてウィーン国立音大において後進の指導に当たり、1999年よりウィーン国立音大ヴァイオリン科に自分のクラスを受け持つ。 その後彼の指導の下からは、多くのウィーンフィルをはじめ、ウィーンシンフォニカー、ウィーン国立歌劇場オーケストラなど著名なオーケストラのメンバーが生まれている。 2005年よりザルツブルクのアレンブルグ城における夏期セミナーを主宰し、ザルツブルク音楽祭の開催期間中に室内楽やオーケストラプローべ演奏の指導にも当たっている。 2007年12月には、ハインツ・フィッシャー大統領より職業称号として「教授」の称号を国より授与される。

コメントをどうぞ

0
  • コメントは見つかりませんでした。

Location

  • 〒104-0031
  • 東京都中央区京橋1-5-5
    京橋共同ビル5F

Contact

  • 03-3278-3450
  • 03-4496-4903
  • このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

Opening Hours

  • 営業時間:
    平日 10:00~20:00 土 10:00~15:00
  • 3~7月の祝日 10:00~15:00
  • 定休日:日曜および3~7月を除く祝日

Follow Us