• アンドビジョン・オフィシャルブログ

    音楽留学・ダンス留学・演劇留学のブログ

    音楽・ダンス・演劇留学

    実現するならアンドビジョン

  • アンドビジョン・オフィシャルブログ

    音楽留学・バレエ留学・演劇留学のブログ

    日本で体験

    海外教授による公開レッスン

  • アンドビジョン・オフィシャルブログ

    音楽留学・ダンス留学・演劇留学のブログ

    短期留学

    自分の方向を短期留学で見定める

  • アンドビジョン・オフィシャルブログ

    音楽留学・バレエ留学・演劇留学のブログ

    語学の勉強も

    国内から海外までアンドビジョンで

  • アンドビジョン・オフィシャルブログ

    音楽留学・ダンス留学・演劇留学のブログ

    キャリアの第一歩

    コンクールで世界に挑む

  • アンドビジョン・オフィシャルブログ

    音楽留学・バレエ留学・演劇留学のブログ

    本気で上達したいなら。

    まずはアンドビジョンに資料請求

Home

印刷

ソロモン・ミコフスキー教授

作者: 池田. Posted in アンドビジョン.

先日、マンハッタン音楽院ピアノ科のソロモン・ミコフスキー教授が多忙の中、数日だけ日本を訪れました。ニューヨークではもちろんですが、韓国台湾などではすでに非常に高名な方で雑誌の表紙を「先生」として飾っています。スタンウェイアーティストでもあるのですが、彼は「先生」として初めてスタインウェイアーティストとなったそうです。 今回は雑誌のインタビューが滞在理由でした。インタビューでは、「先生」とは何かを語っておりましたので、その哲学を雑誌のどこかで見ていただけるのではないかと思います。発売されましたらご紹介したいと思います。 ソロモン・ミコフスキー教授は、アンドビジョンが日本事務局として行っている、インターナショナルピアノフェスティバルの音楽監督でもあります。2007年の情報が分かりましたので、できるだけ早くアップデートしたいと思います。レベルの高い講習会ですので今年こそは、頑張って一度挑戦してみてはいかがでしょうか? メトロポリタン美術館で買ったネクタイのおみやげをもらいました。花の多い、西洋的なネクタイです。
コメント (0) 閲覧数: 1173
印刷

有限会社から株式会社へ

作者: 池田. Posted in アンドビジョン.

今日は雨で憂鬱な日ですね。外を見ると真っ暗なので何とか気分を盛り上げようとロック・ポップをオフィスでばりばりにかけてます。ご来社の方は、嫌がらないと良いのですが...。お話しするときは音量も小さくします! さて、アンドビジョンは11月1日に株式会社へ組織変更をしまして、無事、受理されましたのでご報告いたします。弊社は今後、アンドビジョン株式会社となりますので今後ともよろしくお願いいたします。 銀行やパンフレット等、まだまだ有限会社となっていて、混乱することがあるかもしれませんが、順次変更していきます。 また電話番号も、 03-3555-3450 03-3555-3451 の二つにがありますのでお気軽にご連絡ください。 長期留学をされる方は、今非常にご相談をいただいております。少しでも早い相談が自分の良い留学に近づきますのでお早めにご連絡いただければと思います。頑張ってくださいね! それでは今後ともアンドビジョンをよろしくお願いいたします。 宣伝ではない、コメントお待ちしています。
コメント (0) 閲覧数: 1138
印刷

バイオリン公開レッスン

作者: 池田. Posted in 最新ニュース.

昨日、バイオリンの公開レッスンが行われました。講師は、チェコ屈指の室内楽団であるプラハ室内管弦楽団団員のダヴィド・シュロウベク氏が担当いたしました。 非常に優しい人柄です。音に対する敏感さと基本の大切さをさまざまに仰っていました。弦の持ち方、腕の使い方、一音一音に対していい音にする方法など。また、自分の音を聴かせて覚えてもらおうと思うようです。 海外の先生の特長は、生徒をリラックスさせて、レベルを向上させるレッスンをしているように思えます。だから、受講生の方も会った瞬間は、緊張しがちなのですが、だんだんと慣れてくるようでした。 慣れてくると、本当に小さな変更で、きれいな音を作り出しているのが分かったので、「う〜む、レッスンを受けると変わるね〜」 と思った次第でした。 次回はファゴット公開レッスンです。ファゴットの公開レッスンはほぼないのでこの機会をお見逃しのないように!
コメント (0) 閲覧数: 1012
印刷

吉井健太郎さん(ウィーン交響楽団首席チェリスト)

作者: 池田. Posted in アンドビジョン.

先日、ウィーン交響楽団首席チェロ奏者の吉井健太郎さんにお会いしました。本場のウィーン響に東洋人でただ一人の楽団員かつ首席をはっている素晴らしい音楽家(チェロ奏者)です。ウィーン響の来日の関係で日本でお会いできたのですが、本当にダンディーな素晴らしく格好良い方です。音楽をこよなく愛し、音楽があって本当に良かったと仰っていました。 吉井さんは日本の芸高を飛び出すように音楽の本場ウィーンに若くして向かいました。その経験からか、やはり若くしていける方はできるだけ本場に行くことをオススメしています。 「日本とは一対何が違うのでしょうか?」という質問に対して、「やはり日本では借り物だから」と一言にこやかに優しく言っておられました。「生活が音楽」なのだから、それが本当に感じられるということです。体感していないと分からない言葉ですが少し体感していく中で分かっていくことなのでしょうね。 ウィーンの人がお琴をウィーンだけでいくら習ってもなかなか本質は理解できないことと同じなのでしょうね。 まずはウィーンの短期講習会にぜひ参加して体験してみてはいかがでしょうか?アンドビジョンでは、ウィーンでの短期アパートも手続きできるので留学体験、生活体験もできると思いますよ。 ところで吉井さんのインタビューを2月にすることになっています。お楽しみに!
コメント (0) 閲覧数: 2534

Location

  • 〒104-0031
  • 東京都中央区京橋1-5-5
    京橋共同ビル5F

Contact

  • 03-3278-3450
  • 03-4496-4903
  • このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

Opening Hours

  • 営業時間:
    平日 10:00~20:00 土 10:00~15:00
  • 3~7月の祝日 10:00~15:00
  • 定休日:日曜および3~7月を除く祝日

Follow Us